アトピー症状改善に!

アトピー性皮膚炎、一般的にはアトピーと言われていますが、一種のお肌のアレルギーですね。近年とみに増えているアトピーは乳幼児から大人まで幅広い年代層に見られるアレルギー症状です。

アトピー改善に効果的といわれるのが、毎日使っているヘアケア製品、水周りで使っているシャンプーとか化粧品を石油を原料とするものから自然の原料を使ったものに替えてみるということですね。

ひところ経皮毒と言う言葉が注目されていましたが、皮膚から吸収される体によくない成分が蓄積されることによって、アトピーなどのアレルギー症状が起こるというものなんですね。

アトピー対策とステロイド

アトピー皮膚炎対策としてステロイドをよく使用しますが、使用するときのポイントは、取り留めもなくだらだら使わないことです。

患部が赤いだけの時には使わないで痒いときに使うこと、ステロイド外用剤を使って症状が良くなってもすぐに使用をやめないで、2日から3日はステロイド外用剤をつけ続けることが大切です。

アトピー対策と聞くとステロイドを思い浮かべる方が殆どだと思いますが、使用し際しては注意が必要なんですね。

アトピー性皮膚炎を治療するのに、一番使われるのがこのステロイドですが、最近ではステロイド剤の悪い面もいろいろ指摘されているようですね。

アトピー性皮膚炎の炎症やかゆみを抑えるにはステロイドが一番効果があります。ステロイドは上手に使えばとても良い薬ですが、使用方法を誤ると逆に症状を悪化させてしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎の治療は、長く続くことが多く、そのため治療の目標は症状を悪化させないことです。

薬にべったり頼るだけではなく、自分が普段食べているものから見なおしたり、生活習慣を改めたりして、自然治癒力を高めるような生活を送ることが、アトピー対策として非常に大切になります。

アトピーの症状が改善して、ステロイド外用剤の使用を中止した後に、すぐにまた悪化する場合には、薬ではない別の悪化原因を考えることも大事です。

生活リズムが崩れていたり、ストレスがたまっていたり、暴飲暴食をしていては、いくらステロイド剤を使ってもアトピー性皮膚炎が改善するとは決まっていませんから。

ガン アトピー 花粉症 アレルギーは予防医学で防げる!

予防医学の基本は「病気の原因となるものを体外に排出すること」ですが、
今ひとつの目的として、自然治癒力のアップがあります。
 
現代社会の中において、病気の原因となるものを全て排除することは到底
不可能です。人為的に生み出されたこの病気の原因はこれからますます
増えていくものと思われます。
 
そうであるなら、私たち一人一人が病因に対抗する自然治癒力を増大させて
いくことがより大事になります。
 
近年になって問題化した、アスベスト、ダイオキシン、環境ホルモン、
更に最近特に注目されているのが経皮毒です。
経皮毒とは皮膚から体内に入る毒のことです。
毒はデトックスしなければなりません。
 
私たちが普段気にしないで使っている日用品、安全でしょうか?
私たちが毎日食している食べ物安全でしょうか?
 
20年後は2人に一人がガンで死亡するともいわれています。
医療技術が進んだ現代であればガン患者は減るのが当然です。
 
平均寿命も短くなるといわれています。

 
 
 

ガンの原因 経皮毒の怖さ!

ガンの原因 皮膚から入る毒 経皮毒の怖さをご存知だろうか?
 
有害な化学物質はさまざまな方法で体の中に入ってきます。
口や消化器官から吸収される経口吸収と、
肺から吸収される吸入の2通りになります。
 
化学物質が皮膚から体に入り、健康を害することを経皮毒と呼ばれています。
この健康に害を及ぼす化学物質が有害化学物質といわれています。
 
戦後、経済が急成長するに従い、アトピー性皮膚炎、花粉症等の
アレルギー性疾患も急激に増えてきました。
 
これらは有害化学物質が体の中に蓄積され、
疾病の症状として現れてきたものと思われます。
 
有害化学物質、これはガンの原因とも言われているのです。
 
 
 
 

予防医学と心のバランス

5月病とは、新入社員がゴールデンウィークをすぎて、
職場に復帰して起こる、毎年繰りかされている病ですね。
 
最近は新入社員ばかりでなく、勤務の長い社員でも、
4月の人事異動で、人間関係がうまくいかなくなり、
やっとゴールデンウィークで一息ついたまもなく、
職場復帰すると、ウツになったりする人が増えているそうです。
 
特に上司に人格の悪い、無能な、それでいて
自己顕示欲ばかりが強い人がなったら最悪です。
 
組織の大小にかかわらず、多いらしいです。
 
うつ病、これは心の病としては一番怖い病気です。
うつ病が引いてはガンの原因にもなることがあるそうです。
 
病気が発生してからの対処療法でなく、日頃からうつ病などにならない
心のケアーをする必要があります。
 
5月病をほったらかしておくと、間違いなくうつ病になります。
気をつけましょう。

めがてりやきでまたふとるー

6年前に日本市場から撤退したハンバーガー、バーガーキングが再上陸するそうですね。
 
日本のハンバーガー市場はマクドナルドの独占状態でしたが、ここに来て、モスバーガーも
割引クーポン券を出すなどして、巻き返しを図りだしたようです。
 
マック包囲陣と報道されていますが・・・
 
ところで、ダイエット中の身にあっては、ハンバーガーそのものが恨めしいのです。
おいしいのですが、なにせカロリーが高く、油断したらブクブク。
 
アメリカではハンバーガーが肥満の原因とまでいわれているじゃないですか。
 
ハンバーガー1個でどの位のカロリーになるのか。
 
しかし、日本ではマックが強いですね。モスバーガーも一時期追い上げていたような気がしますが、
マックに大きく離されていたんですね。
 
モスバーガーはマックが安いハンバーガーを出していたときも値段を下げなかったですよね。
あれはあれで良かったと思います。
 
ところで、日本マクドナルドが売り出したメガてりやき食べます?

 
メタポリックシンドロームになるのが怖いから食べない!!

メタポリック症候群にならないためにも・・・

ドーナツ1個に払える金額は?
 
ハンバーガーにも言えることだが、1個の原価はどのくらいだろう?
めちゃくちゃ安いと思う。
 
有名なドーナツメーカーのドーナツを時々土産として買って帰るが、
自分は殆ど食べない。
 
1個100円以下のものは少ない。
高級ドーナツというと一体いくらで売り出しているのだろう?
 
200円も300円もするドーナツ。
栄養価がたかくなるのだろうか?
 
そうなると心配なのがメタポリック症候群。
 
甘いドーナツやハンバーガーは出来るだけ食べないようにしている。

クロマグロの幼魚 かきのたねだったとは

グロマグロの幼魚の名前がかきのたねだったとは。
 
数ある出世魚の中でもマグロは王様。
出世魚は青物魚が殆ど。
 
マグロにダイオキシンなどの環境ホルモンが蓄積していることは何が原因?
 
海水が汚染されてりる証だろう。
海水汚染の原因は工場排水が主なものといわれているが、
家庭排水が大きな原因になっているのをどのくらいの人が知っているのだろう?
 
マグロといえば黒潮で育つ魚。
いわば南洋の大海原で育つ遠洋魚。
 
その魚が環境ホルモンに汚染されている。
 
 
 

肺ガン 喫煙が原因!

肺ガンの怖さ、肺ガンになったらなかなか完治しない。
肺ガンの人の肺を見たことがあるだろうか?
 
肺そのものは鮮紅色で鮮やか。
喫煙で肺ガンになった肺はどす黒くなっている。
 
見ただけでもゾッとする。
そんな肺ガンの一因にもなるたばこ。
 
禁煙するのに保険適用。
これで禁煙が進むか?
 
たばこを吸っている人はこれら危険なことを承知で吸っているのだろうから
禁煙に保険適用しても同じ事だと思う。
 
ガンになってから後悔しても遅いのだが・・・
 
 

経皮毒 食物繊維で排出!

最近、食物繊維のことがよく話題になる。
 
なぜ、食物繊維がいいのか?
それは体の中にたまった有害物質、毒を体外に排出してくれるからである。
 
経皮毒、これは皮膚から入る毒のことである。
皮膚からはいる毒は、口か入る毒と違い、10%しか体外に排出されないという。
 
ではどのようにして食物繊維をとるか?
 
ドリンクもいいが、一番取れるのは
サプリメントである。
 
 
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。