アトピー症状改善に!

アトピー性皮膚炎、一般的にはアトピーと言われていますが、一種のお肌のアレルギーですね。近年とみに増えているアトピーは乳幼児から大人まで幅広い年代層に見られるアレルギー症状です。

アトピー改善に効果的といわれるのが、毎日使っているヘアケア製品、水周りで使っているシャンプーとか化粧品を石油を原料とするものから自然の原料を使ったものに替えてみるということですね。

ひところ経皮毒と言う言葉が注目されていましたが、皮膚から吸収される体によくない成分が蓄積されることによって、アトピーなどのアレルギー症状が起こるというものなんですね。

アトピー対策とステロイド

アトピー皮膚炎対策としてステロイドをよく使用しますが、使用するときのポイントは、取り留めもなくだらだら使わないことです。

患部が赤いだけの時には使わないで痒いときに使うこと、ステロイド外用剤を使って症状が良くなってもすぐに使用をやめないで、2日から3日はステロイド外用剤をつけ続けることが大切です。

アトピー対策と聞くとステロイドを思い浮かべる方が殆どだと思いますが、使用し際しては注意が必要なんですね。

アトピー性皮膚炎を治療するのに、一番使われるのがこのステロイドですが、最近ではステロイド剤の悪い面もいろいろ指摘されているようですね。

アトピー性皮膚炎の炎症やかゆみを抑えるにはステロイドが一番効果があります。ステロイドは上手に使えばとても良い薬ですが、使用方法を誤ると逆に症状を悪化させてしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎の治療は、長く続くことが多く、そのため治療の目標は症状を悪化させないことです。

薬にべったり頼るだけではなく、自分が普段食べているものから見なおしたり、生活習慣を改めたりして、自然治癒力を高めるような生活を送ることが、アトピー対策として非常に大切になります。

アトピーの症状が改善して、ステロイド外用剤の使用を中止した後に、すぐにまた悪化する場合には、薬ではない別の悪化原因を考えることも大事です。

生活リズムが崩れていたり、ストレスがたまっていたり、暴飲暴食をしていては、いくらステロイド剤を使ってもアトピー性皮膚炎が改善するとは決まっていませんから。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。